No.1 タミヤ 1/48 零戦52型
完成2010年10月
 



↑クリアパーツが曇ってるところは接着剤が付いてしまったのですね。










↑日の丸はコンパスカッターを使ってマスキング。
しかし、微妙にガタガタになってる。




トップページのブログにも書いたとおりシャドー吹きを失敗してしまいやした。
やけくそで豪快に汚し塗装。


↑未完成の雷電と並べてみた。基本色は変えております。
海軍機はどれもカッコいいよね。


↑基本色に使った塗料。




↑アンテナ線は中途半端。
この零戦の場合もう箱絵にも載ってる通り1本つくんだが、一本だけにした。
尾翼の側面に0.3mmの穴を開け手芸用の糸を通してる。本当は輪になるようにするんだが、断念した。
キャノピーのアンテナ柱への接着はそのまま上へ乗っけて瞬着で止めてるだけ。
ここって穴開けるのかな?穴開けようとしたらボロボロになってきたんで断念。
フジックス モノカラー #60スモーク 300m
とある模型店で買ったんだが、1/48に丁度良い細さだと思いますね。 




↑グラデーション塗装は失敗に終わる。


↑おい、ちょっと待て、両方に隙間が開くってどういうこと?


2008年に発売したタミヤが誇る神キット。さすがのタミヤさんだけあって作りやすくて助かるわ。
小さなパーツのゲート跡が表に出ないように配慮されててランナーの状態で塗装できたり大助かり。
ちなみに素組です。ブレーキパイプすらありません。
缶サフ1200番を吹いた後1500番と2000番のペーパーで研ぎ出してツルツルの表面にする。
日の丸を塗装で再現するためにホワイトを吹きマスキング、キャラクターレッドを吹きマスキング。
前縁の燈黄色も先に塗装しておくとマスキングが楽。
そして本体塗装へってな流れ。
主脚は先に組み立ててしまったため塗装がかなり面倒。これからは塗装してから組み立てよう。


飛行機モデルのページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system