No.2 タミヤ 1/48 スピットファイアMk.Vb
完成2010年11月









今回はあまり汚し塗装はせずに綺麗目に仕上げてみた。


ここの剥げチョロは箱絵を参考に筆でやった。
キャノピー下の外板は開閉式になっているので剥げもできやすいようだ。


零戦のときには使わなかった缶の半光沢クリアを全体に吹きかけている。
良い感じのツヤが出てるよ。


上面は実はスミイレしていません。タミヤのスピットファイアのスジ彫りはシャープだが、少し太すぎるのでしなくて良いかと思ったからだ。
しかし、下面は汚れもあると思うのでスミイレしつつ軽くヲッシングをした。


プロペラの羽の取り付けが浅かった可能性あり(^ω^ヘ)


ここの先端を折っちゃったために真鍮線で作り直してます。


またしてもデカールで失敗・・・。
国籍マークも塗装でやるべきだった。


はい、白化しましたよっと。
埃もついてますね。



やっぱり並べたくなりますね。


基本色に使った3色。
飛行機色セット2という便利なセットが出てます。
単品で買うとしても店には大抵340番くらいしか置いてなくて360番台を買うにはこれが便利。


真上から見たスピットファイア。
楕円形の主翼が良い感じ。スピットファイアは楕円形じゃなきゃね。


これまた素組です。
零戦ほどではないが、非常に合いもよく組みやすく良いキットですね。プロポーションは色々言われてるみたいですが。
製作手順は零戦とほぼ同じですが、デカールを貼った後半光沢クリアを吹いてる。
また迷彩は型紙も下書きもなしの完全フリーハンド。なのでちょっくら失敗してる。
下書きは大事ですよ!
デカールは相変わらず難しい。


飛行機モデルのページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system