MG Vガンダム ver.Ka
レビュー日09年12月

すたんだっぷとぅ〜ざ〜ヴぃくとりっい〜♪ 




トップファイター


ボトムファイター




MGガンダムver.2.0のコアファイターとの比較
あのね、マジでVのコアファイター組み立てるの大変(^ω^ヘ)

 


全身写真


MGガンダム、MGF91との比較
小型MSなのが分かります。






HG Vガンダムとの比較
少し背が高くなってる。肩の大きさや胴体の長さ、顔なども大きく変わってます。
もちろんギミックも桁違い。

 

 


各部の可動
注目は足首です。引き出しギミックにより、思ってたよりも可動範囲は広い。
大股開きでも問題ない。
股関節はボールジョイント。
腰は全く動きません。改造で動かすにもかなり大変でしょう。




上半身アップ
目の下は赤い成型色で分割されてるのにシールには赤い部分まであります。
不可解です(;-_-)迷惑です。Vガンダムにはそのまま貼りましたが、ヘキサには赤い部分を切り取って貼りました。
赤い部分は切った方がいいでしょう。


ライフル装備


このライフル、HGでは史上最悪のデザインのガンダムライフルだと思ってたが、MGのライフルは近未来的なかっこよさがあります。



 


ビームシールド
稲妻模様があって綺麗ですよ。
前にもってくることも可能。






ライフルアクション


腕からビームサーベルを取り出せます。
指で出そうとしても摘めません。傾けると簡単に落ちます。
左手は付け忘れました。
今回のMGは親指以外は可動しません。
武器などに合わせて親指以外を取り替えるシステムです。


ビームサーベルも細くていいです。

 


ヘキサはコンパチじゃないのが嬉しい。ヘキサとVのコアファイター二つ作ることが出来ます。


頭部の色分けもカンペキ
肩にあるダクトは白と青、それぞれ二つずつあります。ヘキサとV両方白にすることも出来ます。


付属品。
かなり気が利いた内容だと思います。
軟質タイプのアンテナも付属。
指パーツが豊富で平手、にぎり、ライフル用、サーベル用があります。
はりせんみたいなビームサーベルもあります。
赤い○はホイルシール。ver.Ka的には貼るみたいですが、アニメを意識して貼りません。


↓テストを兼ねて追加画像↓















ライティングを少し変えてみた。
RAWで撮影して編集後、変換してみた。こっちのほうがファイルサイズが小さくなっていいかも試練(^ω^)
ライティングは前のままでいいかも。


ZZのBlu-rayが発売されるということを聞いたとき、2009年末はZZ2.0だと確信してました。
そして、来年VのBlu-rayが発売されて2010年末のMGはVガンダムだと妄想してましたが、見事に裏切られましたね。良い意味で。

可動範囲は前評判ほど悪くない。
腕は全く問題なく動きます。足首も模型誌などで見たときは諦めてたが、引き出しギミックには驚きました。
腰は可動しません。
個人的に重要視してるのが首の可動なんです。首を理想通り上へ向けることができるMGキットって意外と少ないように思う。このVも微妙だ。

全身にギミックが詰まってるのはホビーショーや模型誌で確認済みだと思いますが、それ故に非常に難易度の高いキットになっていますね。
安価な割りに組み立てるのが大変ですヽ(゚◇゚ )ノ
コアファイター二つ作るのに2時間かかりました。これは僕が遅すぎるのかは分かりませんが(^ω^ヘ)
注意点として、コアファイター主翼のピンのはめ込みが意外と硬くて折る危険性が高い。デザインナイフで削った方がいいでしょう。
あと、青いパーツをはめ込むとき白化し易いので注意。全身ギミックだらけなので細かいパーツも多くて破損の危険性が高いでしょう。
組んだ後もギミックを動かして破損しないように説明書をじっくり見て慎重に変形させましょう。

プロポーションは太ももの細さが気になる程度で概ね良好でしょう。


このキットは難易度が高く、ガンプラ初心者にはあまり勧められないが、本当にギミックがすんごいキットなのでガンプラ好きは買うべし。



MGレビューページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system