MG ガンダムエクシア イグニッションモード
レビュー日09年7月


切り裂け!刹那!
了解。


 


全身写真


ガンダムとの比較

 
武器装備
GNブレードはボールジョイントによる接続。
足の可動範囲に多少干渉する。




頭部アップ
造型も色分けもすばらしい。


GNドライブを飾る台付き。


ライトユニットにより発光します。
写真では文字が見えませんが、ちゃんと文字が浮かび上がります。
電池はLR41を4つ使用。


脇下のスリットがあり左右へ振れます。
ガンダム2.0は背中に軸があったが、エクシアではお腹に軸があります。




各部のアップ
ディテール・ギミック共に凄いです。






GNブレードはメッキ仕様。




GNソードもメッキパーツ。








グラハムと共に。


MG化が待たれるほかのガンダムと共に。


ガンダムがピンチになったとき。


PS2用ゲームのパッケージをイメージしてみた。


イグニッションモードはまだ終わらない。

ガンダムエクシアリペアのページへ


待望のMGエクシアが早くも登場。しかもイグニッションモードではリペアパーツも付属。
通常版とイグニッションモードがありますが、両方買ってエクシアとエクシアリペアをそれぞれ作った。
メッキパーツは武器のほかにGNドライブのパーツもあります。メッキパーツはすべてノーマルエクシアに使用。

最初に言っておきたいのはリペアへの組み替えはパーツ破損の可能性大なので絶対止めたほうが良い。
イグニと通常版の2種類買うか、イグニを2つ買うかしたほうがいいでしょう。

1/100エクシアと比較したかったが、デュナメスとヴァーチェしか持ってないヽ(;´Д`)ノ
それと比べて、見た目のプロポーションは微々たる進化だが、確実にバランスはよくなってる。
特に頭部はこれだ!っていう感じ。大きさ、造型、色分けはため息がでるほどの出来だと思う。
太もものケーブルの長さはあまり気になりませんでした。

可動範囲は相当凄いことになってます。
胸のパーツは独立可動。
胸下にスリットがあるが、左右へ傾けることが出来るのが今までにあまり見られない可動箇所で面白い。
前後の可動もあります。さらに腰と胴体の接続はボールジョイントになってるので胴体の可動範囲は相当なものだ。
腰パーツもよく動き干渉することはまず無いでしょう。GNブレードの接続はボールジョイントで可動範囲の妨げは少ないです。
足の可動にも驚きましたね。足ですよ。スリッパですよ。可動箇所が多いのです。
あと地味に嬉しいのは後ろのビームサーベルの柄は寝かせることも可能なので折れる心配が無い。箱に保存させるときも安心。

イグニッションにはGNドライブのライトユニットが付いてます。
1/100ダブルオー同様によく光ります。スイッチもGNドライブをひねるだけなので切り替えも簡単。

武器のメッキも思ったよりしっくりきてますね。すごくカッコいい。メッキでよかったって思える。
GNソードのライフルを収納できるギミックもあります。あとシールドのスライド展開させられます。

リペアのマントは軟質って感じでもないですね。頭部の破損デザインは本当に素敵です。唯一残念なのは折れたGNソードの刃が白いことだ。

このキットは目立つゲート跡が目立ちにくいようになってるのが素晴らしいです。
普通、肩や胴体など大きなゲート処理後が残ってしまいますが、ゲートが細いおかげで全然目立たないようになります。


パーツ分割もランナー設計も可動範囲もすべてが進化してる。
SEED系で感動し、ファースト系2.0で感動し、そして00系で再び感動を味わいました。
常に新しいことに挑戦してるバンダイに感動。絶対オススメの糞良いキットです。


MGレビューページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system