1/100HG ウイングガンダム
レビュー日09年11月


任務・・完了

 


全身写真


MGガンダムとの比較




各部の可動
ウイングがあまり開かないのが気になる。


武器装備

 
ハイコンプロのウイングガンダムとの比較


ウイングの開き具合に大きな差があります。


見方によってはHGのウイング顔も悪くないが、それでもかっこ悪い。


パッケージの絵と比較すると微妙に違う。






各部のアップ
おでこの赤はガンダムマーカーメタレッドで塗ってます。
それ以外はシールのみの素組です。






バスターライフルはちょっと短い印象。ハイコンと比べても短い。


ビームサーベルはグリーンパーツ。




バード形態を差し替え無しで再現。
手首の収納ギミックもあって驚いた。


こんなエフェクトパーツも付いてます。


かっこよくポージング


付属品。


一番思い入れのあるガンダムです。
Gガンダム後のウイングガンダムのかっこよさは今でも印象に残ってます。

可動範囲は可もなく不可も無く。
残念だったのがウイングの開きが小さいこと。しかし、簡単な改造で広げられそうですね。
変形ギミックは単純なのですが、手首を収納するギミックを搭載したことにちょっと感動した。

色分けはまずまずといった感じ。
今の基準で考えると少し物足りなさはある。素組派もおでこの赤は塗った方がいいでしょう。メッキパーツとの色合いを考えてメタレッドで塗ろう。

プロポーションは微妙。頭部が・・・。
組んだ直後は本当にもっさりした感じが嫌だったが、見慣れてくるうちにそうでもないかな?って思ってくる。顔を隠せば悪くない。
頭部の造型は致命的な欠点ですね。目つきが悪く見えるのがつらい。頬周りももっさり感を強めてる。パッケージの通りの造型だったらよかったのに。

メッキパーツは意外と良い効果を発揮してるように思います。エフェクトパーツもあってこの時代のキットは豪華だったんだね。


その他のレビューページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system