1/100HG トールギスV
レビュー日09年12月

トレーズの亡霊がさまよってるのを見逃すわけにはいかない

 


全身写真


HGウイングガンダムとの比較



MGウイングガンダムゼロとの比較


武器装備

 
頭部と顎らへんの青はシールです。






ビームサーベルはクリアパーツで再現。
シールドに装着されてます。


バーニアは展開可能。




ヒートロッド
差し替えにより再現可能。割と強固な関節になってます。




メガキャノンは展開可能。
可動範囲は狭くあまり自由にポージングできません。


付属品。
ランナーはトールギス、トールギスUのためのものです。


トールギス、トールギスU、トールギスVの3つから選んで組み立てるコンパチブルキット。
コンパチと言っても素組派は喜んではいけません。本来色の異なるパーツも共通のためにトールギスV以外で組むと極端に色分け再現度が低くなります。

まず組んでみて最初に思うことは「関節弱っ!」でしょう。色んな場所がプランプランになってます。
怪しいところは補強しつつ組みました。主に弱い場所は足全体、バックパックの上下可動の関節、あとシールド。気になるヒートロッドの保持力はバツグンです。
足全体が弱いために素立させるのも一苦労。アクションベース1にフィットするのでスタンドで飾るのがいいでしょう。
本体の可動範囲は他のWキットと変わりません。

プロポーションは良好。
パッケージ絵と比べて肩の大きさが明らかに変だが、概ね良い感じにまとまってる。
スミ入れすると化けてくれると思います。


カッコいいけど微妙なキットではある。今となってはMG化も期待できそうにないから・・・う〜ん(。-C_-。〃)

その他のレビューページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system