1/100HG ガンダムレオパルド
レビュー日09年11月



 


全身写真


MGガンダムとの比較


HGガンダムダブルエックスとの比較
後の発売されたDXよりもプロポーションのバランスが良いことが分かる。




各部の可動
肩の引き出しギミックはありません。腕もそんなに広げられません。
腰はせっかく棒ジョイントになってるのに腰パーツが干渉してほぼ動きません。

 
設定画スタイルと足開きスタイル


ショルダーミサイル。開閉ギミック


ブレストガトリング。開閉ギミック


グレネードランチャー。スライドギミック


セパレートミサイルポッド。開閉ギミック。取り外し可能。


ビームナイフはビームが付いた状態で足に収納可能

 




ビームナイフを使ってのアクション






各部のアップ
ディテールが細かく入ってます。黄色いパーツはすべてメッキ加工。


一番目立つ武装のギミック
差し替え無しで再現。




大きくて迫力はあるけど、角度が上下左右全く動かないのでイマイチ決められない。






全弾発射


付属品はすべて取り付けれらるので管理が楽

ガンダムXに登場する主役側のガンダムのひとつ。
GXがMG化してもこいつはMGになれないだろうということで優先的に購入してみた。

プロポーションは非常に良好。
全身に武装を纏った重装備型らしくゴツゴツしててプロポーションの崩れはありません。上のダブルエックスとの比較を見ても分かるようにバランスがいいです。
MGガンダムと並べても十分イケてます。強いて欠点を言うなら二の腕の露出が少ないことと、腕関節がダサいということ。
色分けは白が少し足りないが、全体的にがんばってる。
素組派にもオススメだし、ディテールアップが似合いそうな機体なので塗装派も作り応えのあるキットかと思います。

可動範囲は狭い。
インナーアームガトリングは差し替え無しで展開可能という点は嬉しいが、自由自在に動かせないのが一番きつい。これが上下左右に動いてくれればかっこよくポージングも決まるんだけど・・。


昔のキットなので可動性能において欠点もありますが、プロポーションはピカイチなのでオススメ。手に入りにくいキットかもしれないので見つけたら買うべし!


その他のレビューページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system