No.2 アオシマ 1/700 ドイツ海軍 戦艦ビスマルク
完成日2011年1月















木甲板はレッドブラウンを吹いて燈黄色とレッドを混ぜた色とタンをまだらに吹いた。






やっぱり並べたくなりますよね。
長門だけフルハル仕様なのが残念。長門買うときフルハルしか売ってなかったんだ。
ちなみに大和は未完成です。菊花紋章もありません。


唯一のこだわりポイントとして探照灯をくり貫きシルバーで塗ったあと美透明接着剤を盛り付けてます。
美透明接着剤は糸を引くくらい粘度が高いので盛り付けがしにくいですが、透明度は抜群です。クリアーのように何度も盛る必要が無いのも良い。


初めての外国艦に選んだのはドイツの戦艦ビスマルクだ。
世界でも屈指の人気艦だけに塗装を気合入れていこうとしたが、バルチックスキーム断念したあとはグダグダ。
基本色にガルグレーを吹いた後シルバーと白を混ぜたものでドライブラシ。
肉眼ではパールのような輝きをはなってます(^ω^ヘ)
この船は均整の取れた船体が特徴的で手すりの取り付けには気をつけなければいけないのだが、良く見ると分かると思うが見事に歪んでしまった。
糊しろのある手すりだからいけないんだ。このタイプの手すりは二度と使わない。

長門に続き、どうも納得いく仕上がりにならなかったようだ。次は頑張る。てか今頑張ってる。
ビスマルクは嫌いじゃないので今度は最新キットのレベル社のビスマルクで再挑戦してみてもいいかもな。

艦船モデルのページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system