素組ガンプラレビュー+α

メインメニュー
 MG   
 HGCU 
 HGアナザー
 ダブルオー
 その他 
 コラボ写真
 ソラリスの鼓動2
 リンク  
 
新作情報
ハイプリエステス ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ ロロナ
メルルのアトリエ アーランドの錬金術士3 ロロナ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
アーランドの錬金術士 キーボード ロロナのアトリエ ロロナ
 
オススメ 
【Amazon.co.jp限定】ロロナのアトリエ PS3 the Best (オリジナルカスタムテーマ3種DLシリアル同梱)+メルルのアトリエ プレミアムフィギュアBOX
MG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)
MG 1/100 MSZ-006 ゼータガンダム Ver.2.0 (機動戦士Zガンダム)
1/12 オートバイ No.109 1/12 カワサキ Ninja ZX-RR 14109
超精密模型で見る帝国海軍艦艇集 (歴史群像シリーズ)

What's New 拍手する
10月13日 アヴェンタドール完成したけど納得いかない





鬼門は塗装後のボディーパーツの接着です!!

パーティングライン消しや意外と多いヒケ処理をしてボディ塗装、クリア、中砥ぎ、最終クリア、コンパウンドを完了したまでは良かった。
このアヴェンタドール、デザインが奇抜でボディパーツ数も半端無い。クリアパーツも多くて瞬着やエポキシ接着剤で塗装後慎重に組み立てるのだが・・・

どうしても汚くなるんだよ。もう2度と作りたくないね。
このアヴェンタドールもHPの完成品コーナーにはアップせずお蔵入りですね。


はい、出ましたアオシマのランボルギーニ カウンタック。
スーパーカーと言えばこういう形ですよね。僕は全然世代じゃないんですが、スーパーカーのイメージは世代関係ないと思います。
サフ、クールホワイト、レモンイエローを吹いたまでは良かった・・・


実車用のクリアスプレー、ボデーペンを薄めずそのまま缶吹きしたら・・・


えらいことになってもうた。


もちろんやり直しですよ。
しかもプラまで荒れてしまってて萎えました。
でもカウンタックは完成させたいのでがんばろうと思う。


クリア塗装後、中央から右側がちゃんと仕上げた状態

カーモデルと言えば鏡面仕上げですが、やり方は色々ありますね。
まずクリアをツヤが出るまで繰り返し吹く。乾燥機で数十分乾燥させながらの作業です。ツヤツヤになったら一晩待って1500番で梨地をある程度消す

梨地は徹底的に駆逐するより塗料ハゲを気遣って適当なところでやめる。
最終クリアは結構薄めてバーッと吹く。重ね塗りはしないのでバーッと一気吹き。これでかなりの光沢が獲得できますね。
十分に乾燥させ(数日)、ラプロスの6000番で水砥ぎ、8000番で水砥ぎ、ウェーブのソフトフィニッシュの白い部分で水砥ぎ。最後はハセガワのセラミックコンパウンドで仕上げ。白いカスの出るコンパウンドは使わなくてもよさそうです。


9月18日 フェラーリ599は完成とか





前に作ったフェラーリより綺麗に作れた気がする



クリア吹いた後酷い梨地になってましたが、1500番くらいで中砥ぎしたあとフィニッシャーズクリアでコート、コンパウンドで磨いて完成
塗装後ボディに細かいパーツ付ける作業が一番疲れる


↓本命はこちら アオシマ アヴェンタドール

シートの色がオレンジなのでホワイトサフで白くしておく


黄燈色っぽい色(既にオリジナルに調色された色)にクリアレッドなんかを足して作ってます

マスキングシールはタミヤでも付属しますが自分で切らなきゃいけないため面倒です。これはカットされたものでありがたいです

いつもこんな風に分別してますwシルバーとかセミグロス黒とか書いてます

メタリックふくときは王冠を取ると良いと、なんかの雑誌で見て早速試してみた
たしかにやりやすいと思います


エンジンまで再現されててつくり応えはありますね

ふん、これはかっこ良いと思います
パッケージと同じメタルブラックで塗装します

フジミのキットはちょっと前のキットなので比較は不公平ですが、フジミフェラーリに比べてアオシマのキットとても作りやすい
フジミキットでありがちなパーツのはめ込みがタイトな箇所がないですね


9月3日 メッキシルバーNEXT メッキパーツよりも金属感がある

数回使ってみたが、正直メッキパーツのような綺麗な鏡面にはできなかったです。下地を光沢黒にしてもなかなか難しい。コツは薄く吹くことである程度輝きが出てきますね。厚吹きしたものよりはメッキっぽくなるようです。

左はガイヤカラーのブラストシルバー
中央はメッキシルバーネクスト
右はメッキパーツ

この写真じゃあんまり伝わらないかもだけどさwメッキシルバーネクストは鈍く輝いてくれて金属の質感が出てます。上手くやればメッキーパーツのような綺麗な鏡面に仕上げる事が出来るのでしょう。でもこの鈍い金属感も非常に良い感じですよ。


クロームシルバーってありますよ。このくらいの輝きがでるんかな?金属色は各社メーカーから色んな種類が出てるんだけど、奥が深いね。今度実際に吹いてみて検証してみようかしら?
バイク模型だと同じシルバーでも色々使い分けなきゃだし性質を知っておかないとね。



フジミのフェラーリ599のパーツ
大判のデカールをボディに貼るんだが、デカールが黄ばんでるっぽい?残念だけどこれデカール貼らずに仕上げようと思います。
窓の塗り訳はメタルックを使うと楽ですよ。


あー、随分久々だけれど、モヤモヤしてました(´・ω・`)
いつかホムペも多分リニューアルするだろう。

現在製作中キット
RG1/144 ガンダムMk-U
アカデミー1/72 F-14A トムキャット
ハセガワ1/72 F-15E ストライクイーグル
フジミ1/24 フェラーリ599 GTBフィオーラ
タミヤ1/12 カワサキNinja ZX-14スペシャルカラー

久々に飛行機作りたくなって買い買い。
アカデミーのキットって何であんなに安いんでしょうね。アカデミーのウォースパイトとトランペッタークイーン・エリザベス
、同型で同じ時期の発売なのに価格が倍違います。ディテールはトラペのほうが細やかなのかな?それにしてもアカデミーのキットは安いですね。
トムキャットも安かったんで買ったんですがねw優れた点は見当たらずパーツ数は少ないが、パーツの合いは微妙な具合なので組みやすいということはないです。でも古い設計のハセガワのストライクイーグルよりかは楽かな。

5月14日 次から頑張る。未完成バイク2台をとりあえず写真に収める。









もうすぐ完成しそうなZX-RR。こいつの失敗はデカールだ。
指定色のタミヤ缶スプレー、ライトグリーンをエアブラシで塗装後、横着してクリアを吹かずにデカール貼りへ。クリアを吹いて出来るだけデカールを貼り易い状態で挑むべきだったかもしれない。主にタミヤのマークフィットハードタイプを使用。サイドカウルのデカールが難所だった。複雑な凹凸に苦戦し、切り込みを入れなければいけないような場所を無理やり密着させようとした。デカールは一部破れたり、デカール前に黒塗装しておくべき場所も見つかり、仮組みしない性格を嘆いていた。及第点をいただけるとは思えないデカール貼りが終了し、クリアーコートへ。


↑左がクリアに失敗し、シワっぽくなった状態。右がスポンジヤスリで均した状態。

クリアーコートでも失敗。
一晩乾燥させた後、さっそく缶スプレーのクリアコーティング。私は知っている。最初は薄く砂吹きしないとデカールを痛めてしまうことを知っている。でも分かっているけど、出来なかったのだね。
砂吹きが正しく出来ていたかも怪しいが、乾燥を待たずにすぐに厚吹きしてしまったのがいけないのか、よくわかりませんが、クリアを吹いた後シワシワになる。デカールの密着が甘かったのかもわかりません。
乾燥後にヤスリで均して再びクリア。今度はフィニッシャーズのクリアをエアブラシで行う。ここでも砂吹きはすべきだったようで、最初から仕上げコーティングのような吹き方をしたせいでまたシワになる。しかし、前よりマシだったし、そもそもデカール貼りの段階でちょい失敗してるので再びヤスリがけする気力もなし、意味もないように感じたのでここで終了。

つづきまして・・・





これも未完成の状態。
こいつの失敗は古いキットに対応するだけの技術が私に無かったこと。
メッキパーツが多いのだが、すべて塩素系ハイターでメッキを落とした。パーツを整形しツヤ有り黒で下地を作り、メッキシルバーネクストで塗装・・・が、微妙な仕上がりに。
ネットでの資料があまり参考にならず、パイピングの不完全燃焼感。唯一満足いったのはツヤ黒の仕上がりだけ。EXブラックで塗装したあと、缶のクリアぶっかけただけなんだが、かなり綺麗にいきました。

この2台はお蔵入りということでホームページに完成写真を載せることはありません。不慣れなジャンルとはいえ、恥ずかしいですね。バイクやカーは性格がモロに仕上がりの綺麗さに影響するので、何よりも横着はいけません。古いキットはこりごりなので、バイクに関して、しばらくはタミヤ中心に作っていくつもりです。と、いいつつもフジミの白バイが欲しいですね(^ω^)


5月8日 ここまで形になればもう完成した気になる

アオシマ1/12 ブラックローライダー、タミヤ1/12カワサキNinja ZX-RR
タミヤ純正のディテールアップパーツを使ったが、ほぼ素組です。完成までもう少しですね。









アオシマのほうは去年の製品だが、金型はかなり古いっぽい。バリも多いし、組みにくいし。一方タミヤのキットは本当に作りやすいですね。艦船ばかり作ってたのでタミヤ製品から遠ざかっていたが、タミヤ1/48零戦52型を作ったときの感覚が蘇ってくる。サクサク作れます。
バイク模型は艦船模型と同じように細かいパーツのジョータイからエアブラシ塗装しなければいけず面倒だ。だからこそ写真の状態になった時は感慨深いものがあります。
メタリック塗装が多いのは想定内だが、シルバーの種類が沢山あってびっくりした。シルバーリーフ、クロームシルバー、チタンシルバー、フラットアルミ・・・。ガイアカラーのブライトシルバー中心で使っていこうかと思う。
ZX-RRの車輪の緑色はデカールですが、かなり苦労しました。あの部分のデカールって難易度高めなのでしょうかね。この先がとても不安だ(;-_-)でも、デカールの品質は良いみたいで乱暴に扱っても破れない。
素組でここまで精密感が出るっていいね。艦船模型だとエッチングパーツや空中線は必須だし、完成後触れないのでケースも必要。バイクのケースだと100円ショップで良い感じのがありますね。


5月1日 AFVとオートバイ始動

黒いほうがドラゴン製WWUドイツの1号戦車A型、ホビーボス製現用スウェーデンのCV90-40C。
両方1/35ですが、この差はまるで戦艦と駆逐艦。

1号戦車のほうは内部まで隈なく再現されており見た目以上にパーツ数も多く、重みもありますね。CV90はパーツも程よく少なく組みやすいです。

左右非対称って素敵だと思います(^ω^)
1号戦車は内部塗装を済まし、外側をサフの上からジャーマングレーをムラ無く塗ってます。Mr.カラーのジャーマングレーを使ったが、思ったより黒いですね。ここから陰影をブラシ等で表現して、ウェザリングとかしていきたいですね。


これのほかにタミヤのイギリス マチルダMk.Vというのも買ってます。
艦船で使い慣れたエッチングパーツをてんこ盛り仕上げ!と、いうことは無いですヽ(゚◇゚ )ノ出来るだけ金掛けたくないのもあるし、1/700スケールの低解像度と違って、1/35なら素組でも十分な精密感を得られると思います。
なので、原則としてはキット付属のエッチングだけを使うことにする。だが、明らかにエッチングを使ったほうが相当効果的なディテールアップになるところもあるだろうから、その辺は財布と相談しつつ考える。
戦車のディテールアップで効果的だと思うのはエッチングよりも今流行りの別売り可動式履帯や金属砲身が良いともうんです。金属砲身なんて数百円から買えちゃうし、履帯もそれほど高くない。上のキットに使うかどうかはまだ決めてません。


オートバイは2つ同時に作ってて、方や骨董品キット、方や比較的新しいタミヤの親切設計キット。どちらもデザインに惹かれて買ったもの。それにしてもオートバイの名前って英数字が並んでて覚えずづらいですね。

艦船は一休みして、戦車やバイクを中心に作っていく予定。フジミの1/700山城(7月)が発売されれば艦船も作っていく。


4月19日 エッチングパーツはどこですか?









ドラゴン1/700ビスマルクにピットロード(トランペッター製)ビスマルク専用エッチングパーツを使って製作していたところ、カタパルトのエッチングパーツを紛失。いや、塗装したあと、目に見える場所に置いておいたのだが、埃がかぶらないようにとどこかへやってしまい、そのまま行方不明に。
心が折れちゃったな。キットも加工済みなのでこのままだと完成しない。どうしよ。


同時製作としてこのバイクと戦車を作ってます。
F22ラプターも作りたい。雑食モデラーになろうと思います。


3月30日 ドラゴンのビスマルクなんじゃーこりゃー
ビスマルクを作ろうと比較的新しくて安いドラゴン製を買ってきたが、木甲板表現が一昔前のクオリティだ(タミヤの大和とかと同じ感じ)。
アオシマビスマルクのほうが甲板表現はマシかもしれん。ホビーサーチでは分からない細部のディテールを見てちょっとショックだったな。ちなみにドラゴンエセックスの甲板表現はすばらしい、甲板表現だけはね。
香港メーカーのドラゴンのAFVは日本人チームが加わってチヤホヤされるくらいになってるみたいだが、艦船は1.5軍ってところなのかな。フジミのほうがずっといいが、フジミ特シリーズで外国艦が出るのはいつになることやら。

ということでドラゴンビスマルク用の木甲板シートを買うことにする。通販で送料、手数料痛いけど製作も楽になるしディテールもよくなるしいいかな。

各国の代表的戦艦をフルハルにしようと思ってる。
イタリアはすでにローマを作ってるし、ドイツはビスマルク、フランスはリシュリューは確定。アメリカはアイオワといきたいがタミヤの洋上モデルしかないっぽいのでサウスダコタを選択するかアイオワのリメイクを待つか。イギリスもKGVといきたいが、トラペかドラがやらないうちは未定だな。
わが帝国海軍からはもちろん大和だ。

フジミ赤城用の木甲板エッチングパーツがでましたね。そっこーで売り切れたけど。別に急ぎはしない、今月もバイクかガンプラやっていきたいし、1/700の小スケールばかりやってると大スケールの解像度の高いディテールが欲しくなってくる。そこで1/12のバイクですよ(^ω^)


12.3.8 ピットロード1/700イタリア海軍戦艦ローマ1943(フルハル仕様)を更新しました。

久しぶりの作品UP更新。
またまたまた戦艦ですが、次回は多分空母になるはずだ。その前にバイクやガンプラ作るのもありっちゃありかな。


11.12.12 タミヤ1/700ドイツ海軍巡洋戦艦グナイゼナウを更新しました。

グナイゼナウは途中放置期間が長かったので久しぶりです。作業量を考えると一番手間かかった作品だと思う。


11.12.8 ドラゴン1/700アメリカ海軍戦艦アリゾナ1941を更新しました。

真珠湾攻撃から70年、このときアリゾナは艦攻による爆弾で沈みました。今でも沈んだまま煙突部分だけが露出した状態で保存されています。アメリカ人に最も親しまれた戦艦でした。


11.11.27 アオシマ1/700戦艦扶桑1944を更新しました。

もうすぐ戦艦長門を更新してから1年か・・・
12月は真珠湾攻撃の日・・・
真珠湾で有名な船と言えば・・・
そう、今まさに戦艦アリゾナを製作中なのですよ
明日にでも更新できますが、運命の日に更新したほうがかっこいいかな?


11.8.15 タミヤ1/700 イギリス海軍 戦艦ネルソンを更新しました。

結局2週間かかって完成。
次はグナイゼナウだが、エッチングで表現したい兵装の一部がちょっと今月買えそうに無い。しかし、そういうのは後から付けられるので作業は進めたい。もし時間余ったら製作中のキットで塗装で遊ぶかも。
スケモ初めて1年くらいになろうとしてる。そろそろ考証にも拘りながら作らなきゃと思う今日この頃。


11.7.27 タミヤ1/700 イギリス海軍 巡洋戦艦レパルスを更新。

2週間ちょいで完成。こいつも塗りわけが結構面倒だったのでそれで少し時間かかったようです。


11.7.11 ピットロード1/700 戦艦ローマを更新しました。

空中線が不細工すぎて恥ずかしい(´・ω・`)
のばしランナーでやりました。


11.7.4 フジミ1/700 航空戦艦伊勢を更新しました。

途中中断してたこともあってかなり時間かかってしまった。
しかしながら過去の製作の中で最もよく出来てるんじゃないかと思います。

伊勢の苦労するところは飛行甲板と艦載機ですね。
戦艦はただでさえ構造物が多いのに空母っぽい作業もしなければいけず、相当めんどくさかったです。フジミが同型艦の日向を出す時は普通の戦艦時代のものを出して欲しいですね(^ω^ヘ)

11.5.24 フジミ1/24 フェラーリBB512を更新。

一応形になったので載せましたヽ(゚◇゚ )ノ

戦艦空母伊勢の艦橋部分をまたしても落下させてしまい、エッチングパーツ紛失が起きました。
来月また伊勢の純正エッチングパーツ買ってくるよ。フジミの純正は汎用エッチングとしてもお買い得だから別に痛くないもんね(^ω^)


11.2.5 フジミ1/700高速戦艦金剛を更新。

ま、とりあえず完成かなっと。
金剛最高にカッコいいよ。


11.1.4 アオシマ1/700 ドイツ海軍 戦艦ビスマルクを更新。

本当はもうちょっと早く完成できたんだけどね。


10.12.8 工作メニュー艦船モデルを追加。フジミ1/700 戦艦長門を更新。

日本戦艦は見た目とても迫力がある。艦橋の高さがあるからか。その分艦橋の工作はとても大変だ。

12月8日は偶然にも開戦日である。長門からの暗号電文
「ニイタカヤマノボレ 一二〇八」
これにより12月8日、日本は真珠湾を攻撃する。


10.11.24 ハセガワ1/48 隼I型を更新。

ほぼスピットと同時に完成した隼。ちょっと長門に浮気中だったので1週間開いてしまった。
ちょっとカメラの設定明るすぎたかな。


10.11.17 タミヤ1/48 スピットファイアMk.Vbを更新。

工作メニュー第2弾スピットファイアを作りました。見てください。ガンプラもそろそろ始動しなきゃまずいね(^ω^ヘ)


10.10.23 工作メニュー飛行機モデルを追加。タミヤ1/48零戦52型を更新。

なんか久しぶりにHP更新した気がする。
4月28日MGウイングのレビュー更新以来なんだな。
ガンプラはそれ以来多分買ってない(反省)。11月のMGクアンタはちょっと欲しいぞ。


10.4.28 MG ウイングガンダムのレビューを更新。

10.4.16 HGAW ガンダムXのレビューを更新。

10.2.26 HGUC ザクUF2型 ジオン軍仕様のレビューを更新。

10.2.12 HG 1/100 アルトロンガンダムのレビューを更新。

10.2.6 1/144 モビルスモー・シルバータイプのレビューを更新。

10.1.30 1/144 ターンエーガンダムのレビューを更新。

10.1.22 HG1/100 ガンダムデスサイズヘルカスタムのレビューを更新。

10.1.3 1/144 Vダッシュガンダムのレビュー1/144 コンティオのレビューを更新。

MGデスティニーとMGヴィクトリー

09.12.20 HG1/100 トールギスVのレビューを更新。

09.12.11 MG Vガンダムのレビューを更新。

09.12.5 HG1/100 シェンロンガンダムのレビューを更新。

09.11.28 HG1/100 ウイングガンダムのレビューを更新。

09.11.19 HG1/100 ガンダムレオパルドのレビューを更新。

09.11.8 HG1/100 V2ガンダムのレビューを更新。

帰ってきた! ケロン軍脅威のメカニズムであります

09.10.16 HGUC クシャトリヤのレビューを更新。

電撃ホビー11月号付録ユニコーンフィギュアやカップヌードルミニプラなどを撮ってみた。

09.9.11 HG リボーズガンダムのレビューを更新。

09.9.5 HGUC フルアーマーガンダム7号機のレビューを更新。

09.8.20 その他にHG1/100 ガンダムダブルエックスのレビューを更新。

09.8.3 MG 真武者頑駄無のレビューを更新。

エクシアリペアを撮り直しUP
09.7.24 MG ガンダムエクシア イグニッションモードのレビューを更新。

09.7.9 その他に新劇場版エヴァンゲリオン初号機のレビューを更新。

09.6.27 MG フォースインパルスガンダムのレビューを更新。

09.6.19 HG スサノオのレビューを更新。

09.6.12 HGUC Hi-νガンダムのレビューを更新。

09.6.9 HGUC ガンタンク、HGUC νガンダムのレビューを更新。


09.6.6 HG エクシアR2、HG 0ガンダムのレビューを更新。

09.5.31 MG ストライクフリーダム、MG ターンエーガンダムのレビューを更新。

09.5.24 MG デスティニーガンダムEBM、HGUC ゼータガンダムのレビューを更新。


09.5.22 MG グフver.2.0のレビューを更新。

09.5.18 HG セラヴィー、MG 量産型ザクUver.2.0のレビューを更新。

09.5.12 HG ケルディム、MG ギャン、MG F91、MG クロスボーンver.Ka、MG ゼータ3号機の5つのレビューを更新

09.5.9 HG トランザムライザー、その他にHG Vガンダムのレビューを更新。

09.5.5 メニューにコラボ写真を新設。アルケーガンダムvsνガンダムを更新。

09.5.4 MGゼロカス、MGガンダムMK−2ver.2.0のレビューを更新。

09.5.1 HGアルケーガンダムのレビューを更新。

09.4.27 HGアヘッド、HGブシドーアヘッドのレビューを更新。

09.4.24 MG ウイングver.Ka、MG フリーダム、1/100 アリオス、HGUC シャア専用ズゴックの4つレビューを更新。

09.4.21 MG アッガイ、MG Gガンダムのレビューを更新。

09.4.18 1/100 00ガンダム、MGエールストライクのレビュー更新

2009.4.16 HGUCガンダムのレビュー更新

2009.4.14 HP開設ヽ(゚◇゚ )ノ HG00のレビュー更新。



工作メニュー
 飛行機
 艦船
 
 アイテム
---------------------
fgマイリスト
↑クリックしてfgへ!
フィギュア・立体物の投稿コミュニティ
fgで作品を閲覧するには
登録する必要があります
簡単なので是非
 
ガンプラサイト 
日々の生活
ホビーの虜
早耳ガンプラ情報局
ガンプラ マニア
超簡単ガンプラ
G-search
模造的空想科学空間立体
ガムの玩具店

バナー
当サイトはフリーリンクです。

inserted by FC2 system